マイナチュレ育毛剤は、他の女性育毛剤と比較して育毛成分の配合数が群を抜いて多いのが特徴です。

効能として、抜け毛の原因となる「血行不良」「頭皮の炎症」「頭皮の汚れや皮脂」「フケ」など頭皮のトラブルをカバーする成分がバランスよく配合されています。

でも、成分数が多いと副作用やアレルギーなどの心配もあります。そこで、マイナチュレ育毛剤の成分ついて調査してみました。

【マイナチュレ育毛剤の全成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液、精製水、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、フェノキシエタノール、クエン酸、クエン酸ナトリウム、ビワ葉エキス、海藻エキス(1)、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、セージエキス、トリメチルグリシン、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ソルビット液、L-セリン、グリシン、L-グルタミン酸、L-アラニン、L-リジン液、L-アルギニン、L-スレオニン、L-プロリン、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、エタノール、アロエエキス(2)、キューカンバーエキス(1)、セイヨウサンザシエキス、セイヨウノコギリソウエキス、タイムエキス(2)、ラベンダーエキス(1)、ノバラエキス、ニンジンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
北海道ミツイシコンブ 育毛効果
保湿
頭皮環境改善
センブリエキス 血行促進
抗炎症・抗酸化
毛乳頭細胞増殖促進作用
酢酸DL‐α‐トコフェロール 抗酸化・抗炎症
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症症
抗アレルギー作用
殺菌作用
オウゴンエキス 男性ホルモン(DHT)の抑制作用
ボタンエキス 消炎作用・血行促進
シナノキエキス 血行促進・抗酸化・保湿
ヒキオコシエキス 血行促進・抗酸化・抗菌・免疫力の向上・抗腫瘍作用
ヒオウギ抽出液 保湿
男性ホルモン(DHT)の抑制作用
脱毛予防
ビワ葉エキス AGA抑制効果
血行促進
クロレラエキス 抗酸化
頭皮の代謝促進
ローマカミツレエキス 皮膚の代謝促進
抗菌・抗炎症
かゆみ・フケ予防
アルニカエキス 血行促進・保湿
オドリコソウエキス 脂漏性脱毛予防
オランダカラシエキス 血行促進
皮膚細胞活性
発毛促進・抗脂漏性
抗菌・保湿
ゴボウエキス 血行促進・保湿・収れん
セイヨウキズタエキス 血行促進・消炎・収れん・抗菌・殺菌
ニンニクエキス 血行促進・抗菌・殺菌・抗酸化・頭皮代謝
マツエキス 消炎・血行促進・保湿・収れん
ローズマリーエキス 血行促進・抗炎症・抗酸化
セージエキス 抗酸化作用・抗菌・殺菌・消炎・血行促進・収れん
10種類のアミノ酸 保湿・消炎・収れん・殺菌・抗酸化
ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
エタノール
乳化剤
溶解
ソルビット液
フェノキシエタノール
防腐・保存剤
精製水 不純物のない水

マイナチュレ育毛剤
980円キャンペーン中
↓↓↓

ここで、気になるのが「防腐剤・保存剤」「乳化剤」です。

マイナチュレ育毛剤の成分で副作用の心配は?

エタノール

アルコールの1種であるエタノールは、男性用・女性用を問わず、ほとんどの育毛剤に配合されている成分です。ここでは、育毛剤にエタノールが含まれる理由について調べてみました。

防腐剤として

エタノールには、殺菌作用があり、開封後の雑菌の繁殖を防ぎ、品質を保持するために配合されています。

溶剤として

エタノールは水にも油にも溶ける性質があります。その性質を利用して、育毛剤に含まれる何十種類もの成分や原料を混ぜ合わせるために配合されています。

過剰な皮脂を溶かす

消毒作用のあるエタノールには、余分な皮脂を溶かして除去する作用があります。頭皮の皮脂汚れを取り除くことによって、育毛剤の有効成分浸透を促し、頭皮環境を整えます。

このようにエタノールには、大切な役割がありますが、一方でデメリットも指摘されています。

エタノールのデメリット

エタノールはアルコールの1種であるため、アルコールアレルギーを持つ人が使用すると、かぶれたり、はれたりなどの頭皮トラブルが起こる可能性があります。

マイナチュレ育毛剤に配合されているのは、防腐剤や溶剤として使用される「フェノキシエタノール」です。

「フェノキシエタノール」は自然界で玉露などでも合成される揮発成分です。自然由来のため、安全なイメージがありますが、全く毒性がないわけではありません。そのため、使用制限は厳しく規制され、配合量は少ないので、頭皮への副作用はほとんどないといわれています。

ちなみにエタノールには「フェノキシエタノール」のほかに、「無水エタノール」「消毒用エタノール」があります。

無水と消毒用の違いは、エタノールの濃度です。無水エタノールは、濃度99.9%以上の純度の高いもので、一方、消毒用はエタノールに水を加えて、約80%の濃度に調整したものです。

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

天然のヒマシ油由来の成分で、乳化剤として育毛剤に使用されています。安全性の高い非イオン性界面活性剤で、石けんやシャンプーなどに使用されています。

ソルビット液

保湿効果のある成分で、頭皮を乾燥から守り潤いを与えることによって抜け毛を予防します。

育毛剤以外では、食品添加物として、甘味料や保存料として幅広く使用されています。ソルビット液の原材料はトウモロコシやじゃがいもノデンプンを元に作られ、安全性には問題ないといわれています。

 

マイナチュレ育毛剤の優れた成分はここ

北海道ミツイシコンブ

海藻エキスには、髪の毛の成長にいいとされる成分が含まれていますが、その中でも育毛に最も効果的なのが「北海道ミツイシコンブ」です。

「北海道ミツイシコンブ」には、ミノキシジルと匹敵するは発毛効果のある「M-034」が含まれています。

3種の育毛有効成分と27種類の植物由来成分

マイナチュレ育毛剤の成分を見てみると、下記の作用がある成分が配合されています。

  • 血行促進
  • 抗酸化・消炎作用
  • 抗菌作用
  • 保湿効果
  • 頭皮の代謝促進
  • 収れん作用

どれも、フケやかゆみ・べたつき・たるみ・毛穴の詰まり・頭皮のニオイを予防して、さらに頭皮ケアに欠かせない保湿成分も配合されています。

しかも、天然の植物由来の成分なので、安心して使用することができます。

マイナチュレ育毛剤は安全な育毛剤

マイナチュレ育毛剤の成分を調べてみて、個人的には安全性の高い育毛剤と思いました。

中には気になる成分もありましたが、マイナチュレ育毛剤は医薬部外品で、厚生労働省の認可を受けた成分を使用しているので、あまりにも神経質になる必要はないと思います。

  • 成分の安全性
  • しっかりとしたサポート付き
  • 返金保証が利用できる

このように何重ものサポート付きの育毛剤なので、まずは使ってみる価値はあると思います。

マイナチュレ育毛剤
初回980円
キャンペーン中
↓↓↓
https://www.my-nature.jp/